私たちは西日本霊性センターと連携しています。

サダナ東洋の瞑想とキリスト者の祈り

想像と祈り

【1】想像力を用いた祈り―その力と恵み―

  神様は霊でおられ、またそのお恵みも霊的な働きです。ですから、神様がおられることも、働いていてくださることも、感覚に直接に感じ取れません。
 しかし実際に居られるのです。また、働いてくださっています。ですから、そのことは想像することで、私たち自然レベルに生きる人間も、神への接近のために助けが得られます。
 サダナでは、じっくりと体の感覚を呼びさまし、感性を活発に鋭敏に研ぎ澄ました後、「想像力を用いた祈り」をします。想像力を用いると、神様が人間にどれほど力強くきめ細やかな心遣いで世話してくださっているかを感じやすくなります。そして、その感動や感謝は、神様への限りない祈りとしてあふれでていきます。

 

INDEXにもどる>