私たちは西日本霊性センターと連携しています。

サダナ東洋の瞑想とキリスト者の祈り

私のサダナ記念日

【21】サダナに参加して-3

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 サダナと出会ったのは一年程前でした。それまでも教会においてあるリーフレットなどでサダナという言葉は見聞きしていて、一度体験したいと思っていました。思いがけないことからサダナの祈りに参加のチャンスを頂き伺って見てびっくりしたのは、まずその形でした。全員で丸く輪になり最初にするのは、神父様のリードで姿勢を整えることで、これがなんとも気持ちの良いものでした。そのままリードに従い自分の体の髪の毛1本にも心をかけて感じてゆく、最初はそのことに疲れて眠くなったり何も感じず「困ったなあ、どうしよう」と思うこともあったが、段々自分の呼吸、皮膚の感覚などを感じるようになってきました。自分の体の各部分を丁寧に丁寧に見て感じることに心地よさと安寧を感じるようになりました。
 そのまま神父様のリードでいろいろな場所に出かけて行くというイメージをしましたが、これは本当に楽しく今まで経験したことがないイエス様との出会いでした。イエスさまと私が同じ場所で息を感じるぐらい近いところでお話ししたり、二人だけの時間が持てる、このような祈りは初体験でした。
 「サダナってどんなもの?」と問われて明確に答えられない今の私ですが、たったひとつ言えることは、イエス様のすぐそばにいてその呼吸を感じながらお話しが出来る喜びを頂いたということでしょうか。このように楽しい、安らぐ祈りに出会えた恵みを今特別な気持ちで感謝しています。    (神奈川 60代 女性)

 

 

[戻る]