私たちは西日本霊性センターと連携しています。

サダナ東洋の瞑想とキリスト者の祈り

体(呼吸)と祈り

 【7】体の各部の感覚を感じ取るー1

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 今まで、呼吸を活かす祈りの方法を幾つか説明してきました。
 これから、しばらく「呼吸」を離れて、体を活かした冥想(祈り)の別の方法を説明します。
 今までの流れからすると、ヴィパッサナ冥想(注)を取り上げるのが相応しいでしょう。ヴィパッサナ冥想では、体の各部を「感覚する」ことに徹します。具体的には、以下のような仕方となります。
 体の各部分の感覚を一つ一つ受け止めます。
 すでに説明した体の構え方の場合に、目立っている感覚の例を挙げてみましょう。「お尻がクッション(台)に触れている感覚」「両手が膝の上に乗せられて手の甲と膝とが触れ合っている感覚」「手のひらが温かい感覚」「両肩に服が触れている感覚」「背中に服が触れている感覚」などが、目だって感じられるでしょう。これらは代表的なものですが、その他自分の体について、すべての個々の感覚を、くまなく感じ取って行きます。この冥想法を、ヴィパッサナ冥想と言います。
 この冥想では、思考や思いに走ることなく頭をカラ(空白)にして、体の各部の感じ取りだけを続けます。一つの部位について、5秒を超えないくらいで、感じ取りをし、それを、体のすべての部分について行ってゆきます。体の表面感覚を余すところ無く感じ取れることを目指します。
 上部から始めます。…頭の天辺…額…目…鼻…頬…唇…顎…耳…後頭部…首…右肩…右腕…右手…指…左肩…左腕…左手…指…喉…胸…腹…背中…腰…右腿…右膝…右脛…右足…爪先…左腿…左膝…左脛…左足…爪先などというように辿ります。
 以上の感じ取りに努める間、頭の中では何も考えません。頭の中に、雑念が湧いて来ると、それと気付くや、ただちに感覚に戻ります。
 「注意深く、忍耐強く、平静に」努めて、初めは、15分くらいから挑戦しましょう。そして、徐々に、20分~30分と伸ばし、できれば1時間を単位にしましょう。(なお、上の方から順に辿ることで、足の爪先まで済んだら、今度は逆方向に昇って行くようにし、往復の動きを繰り返しましょう。)
 人によっては、体の部位の感覚があまりにも薄くて、感じ取れないところが多い、という方もあります。そのような方も、どうか諦めないで、自分にとって、よく感じられる部位の感覚を感じることを繰り返しながら、だんだん他のうっすらとした感覚にも集中して行きましょう。そうすることで、日数とともに、自分の体の感じ取りの範囲が拡大して行きます。どうか、「注意深く、忍耐強く、平静に」続けてください。
 この冥想法によって、心が鎮まり、今現在に意識を集中することが出来、そして本来あるべき自分を取り戻すこととなる、喜びを感じることが出来るでしょう。

(注)ヴィパッサナ冥想
 ヴィパッサナ冥想(ヴィパッサナとは「ものごとをありのまま見る」の意味)は、その起源が直接にシャカに由来します。シャカの方法が、ミャンマーの地の仏教寺院で伝承されていましたが、前世紀の後半に、インド人、S.N.ゴエンカ氏が一般社会にも普及させる活動を開始したことで、世に知られるようになりました。デメロ師も、この冥想法を重視しました。ヴィパッサナ協会の本部は、インド、ムンバイの北東100キロほどの所のイガップリにあります。また、日本ヴィパッサナ協会は、京都府船井郡に、修行所を営んでいます。(そのホームページには、http://www.jp.dhamma.org/index.php?id=940&L=12でアクセスできます。)

《ヴィパッサナ冥想についての参考文献》
 『呼吸による癒し――実践ヴィパッサナ冥想――』ラリー・ローゼンバーク著(2001年 春秋社)
 『ゴエンカ氏のヴィパッサナ入門――豊かな人生の技法――』ウィリアム・ハート著(1999年 春秋社)


INDEXに戻る>