私たちは西日本霊性センターと連携しています。

サダナ東洋の瞑想とキリスト者の祈り

体(呼吸)と祈り

 【4】聖イグナチオの祈りの第三の方法

 呼吸を活かして、定型の祈祷文を祈る方法です。 4呼吸が1セットになります。
 ここでは、「主の祈り(注1)」を祈ることにしましょう。
 内的に、一つの文節を1呼吸に乗せて、ゆっくり唱えたあと、続く3呼吸の間は、「天に」の内容について、じっくり味わい続けます。
 ・・・・そこは、しみも汚れもなく輝いて、私たちのまことの父でおられる神様が、おられるところ。聖人方が招かれて、幸せに満ちて睦みあっておられる・・・・
 次は「おられる」と唱えたあと、3呼吸で、「おられる」の内容を味わいます。
 ・・・・私が行き着くことを待っていてくださる。たしかにそこにおられて、私のことを、しっかり配慮してくださっている・・・・
 このように、一つの文節ごとに、4呼吸を充てて祈りを進めてゆきます。
 
 実際に祈るときには、「天使祝詞(注2)」「アニマ・クリスティ(注3)」「愛の賛歌(注4)」(コリントの信徒への手紙Ⅰ)、「平和の祈り(注5)」(アシジの聖フランシスコ)などを用いると良いでしょう。

(注1) 主の祈り
 天におられるわたしたちの父よ、み名が聖とされますように。
 み国が来ますように。みこころが天に行われるとおり地にも行われますように。
 わたしたちの日ごとの糧を今日も お与えください。
 わたしたちの罪をおゆるしください。わたしたちも人をゆるします。
 わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお救いください。

(注2) 天使祝詞(聖母マリアへの祈り)
 恵みあふれる聖マリア、主はあなたとともにおられます。
 主はあなたを選び、祝福し、あなたの子イエスも祝福されました。
 神の母聖マリア、罪深いわたしたちのために、
 今も、死を迎えるときも祈ってください。

(注3) アニマ・クリスティ(キリストの魂)・・・ロヨラの聖イグナチオの祈り
 キリストの魂、わたしを聖化し
 キリストの聖体、わたしを救い
 キリストの御血、わたしを酔わせ、
 キリストの脇腹から流れ出た水、わたしを清め
 キリストの受難、わたしを強めてください
 いつくしみ深いイエスよ
 わたしの祈りを聴き入れてください
 あなたの傷のうちにわたしをつつみ
 あなたから離れることのないようにしてください
 悪魔のわなからわたしを守り、臨終の時にわたしを招き
 みもとに引き寄せてください
 すべての聖人とともに、いつまでもあなたを
 ほめたたえることができますように

(注4) 愛の賛歌(コリントの信徒への手紙Ⅰ13章4~6節)
 愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。
 礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。
 不義を喜ばず、真実を喜ぶ。
 すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。・・・・

(注5) 平和の祈り -アシジの聖フランシスコの祈り
 主よ、私をあなたの平和の道具として お使いください
 憎しみのあるところに 愛を
 いさかいのあるところに ゆるしを
 分裂のあるところに 一致を
 疑惑のあるところに 信仰を
 誤っているところに 真理を
 絶望のあるところに 希望を
 闇のあるところに 光を
 悲しみのあるところに 喜びを もたらすものとしてください
 慰められるよりは 慰めることを
 理解されるよりは 理解することを
 愛されるよりは 愛することを
 わたしが、求めますように
 私たちは与えるから受け
 ゆるすから ゆるされ
 自分を捨てて死に、永遠の命を いただくのですから

INDEXに戻る>