私たちは西日本霊性センターと連携しています。

サダナ東洋の瞑想とキリスト者の祈り

体(呼吸)と祈り

【20】体のポーズを通して心を神に届ける

 内面に湧く神様に向かう心は、体のポーズを丁寧に用意すると、いっそう生き生きしてきます。
幾つかのポーズを用意しながら祈ってみましょう。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 しばらくの間、体の各部の感じ取りをします。頭から爪先までからだの各部分を通って、感覚を感じ取って下さい。(4分)

 神様はあなたのからだの感覚によって、あなたに触れて下さいます。(30秒)
体の感覚は、神様から頂いた素晴らしい恵みです。(30秒)

 あなたの手の感覚をしばらくの間感じ取って下さい。(1分)

 目を閉したまま、手を開いてゆっくり膝のうえに置いて下さい。出来れば、手のひらを上にむけて手のひらの感覚を感じ取って下さい。(2分)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

 昔から人々は、特にイスラエル人は手の動作によって神様を賛美しました。あなたは目を閉したまま、手を少しずつゆっくりゆっくり上に挙げて下さい。手の動作で、神様に向かって、どのような心を表現しますか。意識して下さい。

 

 もう一度ゆっくり手を膝のうえに戻して下さい。(2分)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

 目を閉じたままで頭を後ろへ傾け、天を仰ぎます。これは神様にどのような心を表現しているでしょうか、感じ取って下さい。

 

 ゆっくりもとの姿勢に戻って下さい。(1分)

 

 目は閉じたままゆっくり立ちます。足は少し開いて下さい。両手をからだの側面に付けて神様の前で祈っていると想像して下さい。神様は上から見ておられます。神様に守られていると思って下さい。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

 ゆっくりゆっくり両手を正面に向けて真直に伸ばします。静かに両手を廻して手のひらを上に向けます。頭を後ろにそらし、天を仰ぎます。ゆっくりやって下さい。しばらくの間、この動作によって神様にどのような心の表現をしているか意識して下さい。・・・・

 

 

 ゆっくりゆっくり前の姿勢に戻ります。頭を元へ戻し、ゆっくり手を下します。立ったままで神様の前にいることを意識します。・・・・(5分)

 これからこの動作を自分のペースで3~4回繰り返し、神様に心の表現をして下さい。・・・・(5分)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

 今度は手を上げないで頭を後ろへそらし、天を仰ぎます。ゆっくりやって下さい。この動作でどんな心の表現をしますか、意識して下さい。その心の思いに留まって下さい。・・・・

 

 

 次はこの動作で顔の感覚を感じ取って下さい。

 次に、もう一度頭を後ろへそらしながらどんな心の思いを神様に表現しているか、再度意識して下さい。・・・・(3分)

 ゆっくり頭を元の姿勢に戻します。最後の2分間で自分なりの自由な体の動作によって心の表現をして下さい。・・・・(2分)

 そろそろ立ったままの姿勢に戻って下さい。この祈りを終ります。目を開けてお座
り下さい。

INDEXに戻る>