私たちは西日本霊性センターと連携しています。

サダナ東洋の瞑想とキリスト者の祈り

【3】聖書深読法(注1)

《用意するもの》
1.聖書:各自(翻訳が違っても構わない)
2.メモ用紙 各自一枚
3.模造紙 あるいは大判紙 一枚(「色読」用にはもう1枚)
4.筆記用具 ノート(できればルーズリーフ)、臨書(写経)用ノート
5.マジック、3~4(赤、緑、青、黒その他)太め、細め(筆ペンもあれば便利)
☆☆☆☆☆
 聖書深読法は大きく分けて、聖書の言葉を素直に味わう部分(素読)と、聖書学の解説を聞いてそれをかみ砕く部分(解読)、さらに黙想の内に深め消化吸収する部分(照読)の三つの部分から成っています。
 グループを数人から十人位までに分けてします。各グループごとに司会者を決め、次のような手順で聖書を読み、分かち合いをします。(この手順は、グループの構成や時間の都合などで可変です。(注2)
(1)司会者は短い祈りを唱えます(聖歌を歌う事も勧められます)。
(2)深読する聖書の箇所を順に朗読します(祈りを唱えるようにゆっくりはっきりと声を出して読む)。感激した所、分かりにくい所、不消化な所、抵抗を感じる所など素直に読みます(素読)。聴いている人は目を閉じるか、聖書を見ていても声に注意を向けます。
 この輪読は順番に均等配分すると良く、読む人が次の人に代わるときは、「アヴェ・マリア」を唱えるくらいの間を空けます。各自が読む聖書は翻訳の異なるもので構いません。
 時間があれば、深読箇所全体または部分を丁寧に書写写経(臨書)します。ノートには、聖書の各一節づつを一行置きに、句読点も含め一字一句間違いなく、こころを込めて書写します。所感を自由に書き留めます。
(3)何度か黙読して、特に印象づけられる言葉のある節を、(一つから三つまで)選んでメモ用紙に節の番号としるしを記入します。さらに、全体の印象をなるべく具体的な短い言葉(名詞が良い。例えば、せせらぎ、夕焼け、など)で表し(これを全と呼ぶ)これもメモ用紙に記入し、提出します。このとき可能な限り時間をかけて、ゆっくりとしるしと「全」を考えることが勧められます。しるしは何でもいいですが、次のような共通記号を使うと便利でしょう。(この3の部分には、20分ほどを充てます。)
○:感銘をうけた箇所(ピカッと光る)
△:さらに考えてみたい箇所(もう少し食べたい)
?:分からない、不消化
波線:なんとなく心に残る箇所
その他自分で記号を創作しても良いでしょう。
関連箇所は線で結びます。
(4)皆から提出されたメモを整理し、しるしと「全」を表(素読表)に書き込みます(素読表は、全員に見える大きさに)。
(5)祈りまたは歌の後、素読表を用いて、節の数字の若い方から順に、しるしをつけた理由や感じたことを分かち合います(合同素読)。その際大切なのは聴くことです。聴くことの中に聖霊が働いて下さるからです。
(6)解読者によって当該聖書の解釈(解読)を聞きます。(適当な解説書を読んで解読とすることもできます。)
(7)時間があるときには、「素読」や「解読」を通して与えられたものを聖霊によって更に深めるため、さらに黙想をすることができます。そして深読した聖書の箇所が自分に問い掛け、訴えてくるものを、生活の実践に移す決意を簡単な動詞であらわします(照読)。それを素読表の「照」の欄に記入します。ただし、時間がそれほどとれない場合など、照読を「解読」の前にすることも出来ますし省略することも出来ます。
(8)さらに時間があれば、自分が感じたことを、模造紙に自由に色マジックなどを使って、絵や書で書き表します(色読)。各自1枚ずつの紙に書いても良いし、大きな紙に皆で書き込んでも良いでしょう。
(9)照読や色読をした場合は、祈りまたは歌の後、それを分かちあいます。そして、祈りあるいは歌、または沈黙の響きのうちに分かち合いを終えます。

(注1)聖書深読法
 聖書深読法は二十数年前、カルメル修道会司祭奥村一郎神父によって生み出されました。聖書のいろいろな読み方を総合して、今、自分に語られる主のみ言葉を深く味わい、それを互いに分かち合うことによって、より豊かに福音を味わって行きます。

(注2)グループの構成や時間の都合
 聖書深読法は、実践する際に、次のように構成されています。
【ミニ深読】(合同素読中心の方法)
 これは手軽にできるもので、2時間ほどのプログラムです。グループがあれば誰でもできます。集まって深読箇所を輪読し、しばらく各人が、み言葉を味わい(個人素読)、そして素読表に書き入れた後、分かち合います(合同素読)。
【聖書深読黙想会】
 これは、一日または一泊二日で、深読法の全行程を行うものです。聖書深読黙想会は、大きく分けて三つの部分(冒頭に示した三つの部分)から成っており、これを順に体験して進みます。
 一泊二日の場合は絵を描いたり(色読)して、自分の感じていることを表すこともします。
 カトリック・カルメル修道会 霊性センターで聖書深読黙想会を開催しています。(ウエブ情報=http://www4.ocn.ne.jp/~carmel/prakikaku3.html)


他の種々の祈り方「目次」に戻る